ENGLISH

new

colette (コレット)

香川県丸亀市

Marugame, Kagawa

香川県丸亀市。うどん県のなかでも特に有名な丸亀市にあるヘアサロン、コレットさん。2017年1月からのお取り扱いです。

 

ご夫婦でやっていらっしゃるサロンさんで、一番の特徴はサロンから見えるとんがり帽子のような山。この山を気に入ってしまったご主人の省(よし)さんが、ここでサロンを開こうと決められたそう。サロンを始めるには、いろんな理由があると思いますが、こんな理由で始める人は、他にいないでしょうね。好きなものは好き。正直でありたい。嘘はつきたくない。という省さんの性格の現れなんだろうなと私は思っております。

 

実は、コレットさんは、ナチュラルコスモを本格的に使い出してくださったサロンさんのなかでも、記念すべき第2店舗目なんです。(ちょうど1週間前にエイトさんという静岡浜松のサロンさんも使用を開始してくださっていました。)

まだまだサロンでナチュラルコスモがどのような役に立てるのかということすらわかっておらず、私たちもドキドキしながらのお話だったんです。

でもものすごく驚きました。

ものすごい数の感想をくださるのです!

そのどれもが、どれだけ私たちのヘアケアを愛しているかという内容。

 

これまでで最も驚いた感想は、お取り扱い開始時に奥さんの恵美さんにお電話でお話いただいた

「表情が明るくなりました。」

 

思わず、

「いや!髪でも頭皮でもないじゃないですか!」

とお伝えしたら

 

「違うんです。風流だけでもそうなんですが、頭皮が軽くなったような感じがして、気持ちよくて、表情が明るくなるんです。めぐりがよくなったというか、とにかく気持ちいいんです。特にヘアデザートスパをやると一段と明るくなるんです。」

とおっしゃってくださりました。

 

ナチュラルコスモのヘアケア、特にトリートメントシャンプーとヘアデザートスパは、根元の立ち上がりを重要視しています。なのでものすごく的を得た感想なのですが、根元の立ち上がりだけではなく、もっと生活に密着した、中島さんのライフスタイルにまで関係しているような感想をいただき、わたしはものすごく嬉しくなったことをよく覚えています。

 

私たちナチュラルコスモは、百貨店での催事などで、スタッフが実際に販売に立って、お客様と話すことをとても大事にしています。

なので、直接お客様にオススメして、直接お礼の言葉をいただいたことは何度となくあります。(お客様。皆さんの言葉がものすごく励みになっているんです。ありがとうございます。)
ですが、ナチュラルコスモを使うことによって、お客様が喜んでくれたんです!というように、プロフェッショナルの方々のお仕事のお役に立てたという感想には、コレットさんとエイトさんに出会うまで接したことが少なく、ヘアケアを始めて本当によかったなーという思いを、改めて感じさせてくださった存在。それがコレットさんなんです。

 

インタビュー当日は、めっちゃかわいい娘さんも来てくださりましたよ!

 

 

お取り扱いアイテム:

…ヘアケア

・みだれ髪トリートメントシャンプー

・ヘアミールトリートメントシャンプー

・風流トリートメントシャンプー

・薔薇椿オイル

・ヘアローズミスト

・ヘアデザートスパ

・ヘナカラーシリーズ4種全て

 

…スキンケア

・アンシェントトリートメントクレンジング

・モイストフェイスせっけん(ダマスクローズ)
・モイストフェイスせっけん(古代米)

・オスモシスオイル

・ブロッサムローション

・ローズブロッサムロセラム

・ナチュラルコスモブルー

 

…食品

・AFAブルーグリーンアルジーデイリーパウダー
・AFAブルーグリーンアルジーイージータブレット
・デイリーミネラル

 

 

オーガニックって使ってる満足感だけで、

まとまり感や結果が得られないって思っていた

インディゴをした後の根元の立ち上がりがすごくて、ゴォーーーーーって感じで。お客様も「なんなのこれは!?」って。

インタビュー開始

拓也(私・ナチュラルコスモブランドマネジャー):

どうやってナチュラルコスモを見つけられましたか?

 

恵美(奥様)さん:

最初はアメーバブログでナチュラルとかオーガニックヘアケアとかで検索するとばーーーって記事が出てくる中で、デザインを見て、あ!なにこれ?わぁ!ってなったんです。それですぐ、あ!これは、あったかさと洗練感と、なんか本物感とスクエア感とか、相反するものが一緒になったデザインだったので、中身も本物?って思い、すぐに電話して注文せさせていただいて。

 

省(よし・ご主人)さん:

オーガニックのものありますか?とお客さまにも聞かれるんですけど、なんていうんですかね。正直、今まではちょっと認めたくないというか入り込んできてほしくないところがあったんですよ。

 

拓也:

え!それまではオーガニックとかそんなに興味なかったんですか?

 

省さん:

気にはしていたんですけど。。。

 

拓也:

大したことないやろ的な?

 

省さん:

実はそうなんです。

 

拓也:

恵美さんは(オーガニックは)好きやったんですか?

 

恵美さん:

個人的には有りかとも思っていたかもしれないんですけど、サロンで使うってなるまでのはなかったんです。

 

省さん:

オーガニックじゃなくても、いいシャンプーやコンディショナーなら一本で1万円超えるようなものはあったんです。でもかなりコアなお客さんしか購入していただけなくて。オーガニックって言われたら、まぁ、ちょっとキシミますねぇって逃げていたんです。ケミカルのもので、もっと伝えやすいしわかりやすいものがあるので。でもお客様からオーガニックって言われることが増えてきて、なにかアイテムが欲しかったんです。実は、オーガニックでこれで行こうかっていうものはあったんです。実はもう発注もかけてたんです。でも、妻が「いいの見つけたよ」って。

 

なにが見つけたよ!発注終わったよ!

 

みんな:

あははははは!

 

省さん:

いや、これかわいいと思うからって言われて。可愛いってそれだけ?ええ!?そんなん困るんやけど。でも一回使ってみたいって言うんです。それで、使ってみたら決めてたブランドのものどころではなかって!すごい!もうこれで行こうか!って。

 

恵美さん:

夫婦なので二人しかいなくって、言ってすぐに話が通るときと、なんかこちらが気にかけてたらですね、通らないというか、曲げないところもあって。でも、もうこれ(ナチュラルコスモ)は「いやぁ(大阪弁できゃー!っ的な意味)!いやぁ!いやぁ!これはぁ!」って感じで、すぐ決まっちゃったんです。

自分自身の髪がくせ毛で太くって広がりやすくって、なんかもう中学校のときとかも、お小遣いもらったら、スーパーの化粧品のところで馬の油のパッケージにくせ毛がまとまるとか見て、お小遣いで買ったのに、「もう!書かれてることと違う!」ってなってたような髪なんです。

髪質がイメージしているまとまりになるものに、今までずーーーっと出会えていなくて。オーガニックは使ってる満足感だけで、使ってるときのまとまり感の結果や満足感が得られないって思っていたのに、ナチュラルコスモさんのは、もう最初からお客様も「きゃーーー!」って。「うわーーー!」って。お客様も「なんですかこれ!」って。ツヤとかボリューム感がすごくて。その場でお買い求めいただく方が多いんですよね。

 

省さん:

ヘナもすっごいいいぃ。今までもヘナ使ってたんですけど、もうなんだったの?って。まずヘナ(100%)をして、その後インディゴをするんですよね。それでインディゴをした後の根元の立ち上がりがすごくて、ゴォーーーーーって感じで。お客様も「なんなのこれは!?」って。

 

みんな:

あはははは

 

恵美さん:

ヘナを始める前はアルカリで染めてたんです。でもね、根元がふにゃーって。それで、今度マニキュアにして。で、次ヘナにして。そしたら、ナチュラルコスモさんにもヘナがある!って気がついて。使ってみたいって。そしたら、ツヤと、とにかくここの(頭皮を指しながら)、2mmとか3mmとかが、グワっと力強く立ち上がったんです。ありえない!これはもう違うんですよ。どうやって見つけられるんですか?

 

上林昌三(ナチュラルコスモ社長・開発者):

ヘナは今までいろいろ探してきてるんです。もう3社4社使ってたんですけど、インドのものなんで会社によってはほんまええかげんなんですよ。

 

省さん:

ええかげんです。ほんまええ加減。前は物によっては砂が入ってる。枝が入ってるとかで、ちゃんと作ってんのかなーって。色の出方もまちまちで。時期によって違うんですと言われていて。それでもなぁって感じで。同じ時期に入ってきたものでも違う!って。

だから、これ(ナチュラルコスモのヘナシリーズを指差して)開けたときに、今まで使ってたものと香りも違うし、混ぜたときの感じも違うし。

 

上林昌三:

今のこのヘナの輸入を任せているところは、現地に人も置いてやっていらっしゃって、弊社も信頼しているんです。

 

 

ここで一旦録音が切れてしまいました。

 

 

 

 

 

今までは可能じゃなかった髪型も作れるようになったんです。ケミカルでも無理だった。オーガニックでできるわけなんかないって思っていた

 

嘘をつかずに仕事ができるアイテムがある。

それって、美容師としてすごーく嬉しいですよ。

 

スキンケアのお話の部分から再びご紹介。

アヤメちゃん(社長の妻・私の母):

もう社長の商品開発はすごい時間がかかるんですよぉ。あれも入れたいこれも入れたい。これじゃだめだとか。クレンジングも最初はウォータープルーフ落ちなかったんですよ。

 

恵美さん:

そう。マスカラもとれるのに、ボディにまで塗れる。

 

ナチュラルコスモの社長:

いや、あれは結果論なんです。ブルーグリーンアルジーやミネラル、沖縄のクチャまで入れたいけどどうやっていれる?ってなったときに水添レシチンで混ぜてもらって。そうしたら(ウォータープルーフも)落ちたんですよ。

 

恵美さん:

中途半端なものなら取り扱いたくないんですね。だからお店ではメイクアップとかも今は取り扱っていないです。(ナチュラルコスモにはメイクアップはありません。)スキンケアも少しずつさせていただいています。香川の方って、イエス・ノーってあまり言われなかったりするんですけど、でも一ヶ月使われている方、すでに違う!

 

省さん:

既にリピートされてる方もいて。

 

恵美さん:

多分使ってるファンデーションとかメイクの手法はおんなじだと思うんです。でも顔にタオルを掛けるときに、おでこのあたりが内からの輝きが違うって!お伝えしたら「そうですか?」っておっしゃられますけど、笑われていらっしゃりますからね。

 

みんな:

あはははははは

 

 

 

再び録音の不調。

ここからの抜粋は、私と省さんの二人だけの会話です。

 

拓也:

ナチュラルコスモを使いだしてからなにが変わりましたか?

 

省さん:

二人で仕事やっていると、お客様に怒られたりすることもあるんです。正直すぎるって。

 

お客様の襟足が、上に向かってはえてたりしたら、どんな風に乾かしても、無理なことがある。そんな時は、できないってお客様に伝えるんです。

ワックスとかで無理やり押さえつけたりとか言うべきだったけど、お客様はこうしたいって思う。でも生えグセや骨格とかで、物理的にならない時がある。ならなくてもそっちの方向にすすんであげたらお客さんは納得してくれると思う。

でも、僕はそれはできないって言い切っちゃっていた。

お客様は怒ってしまう。

でもできないことをできるとは言いたくない。嘘をつきたくない。

だから、お客様と一緒に、どうしたらいいかなって考えられるようにする。

 

アルカリの毛染めとかも使っていたけど、髪も地肌も傷めちゃっていたのはわかっていた、罪悪感があった。

でも染めたあと、ナチュラルコスモを帰ってからも使っていただいていたら、1ヶ月後には、カラーのせいで無くなってた根元のボリュームも蘇っている。罪悪感が減ったんです。

 

お客様からどうしたら髪にいいですか?って聞かれた時に、自信を持ってこうしたらいいですよって言えるようになったのがすごく嬉しいですね。ナチュラルコスモさんのヘナはすごいから、カラーを希望される方がいても傷めたらダメだからヘナをしましょう。

日々のお手入れも、これを使ってくださいって自信を持って言える。

 

よくなりますって言える。これがおっきいです。

 

ケミカルのカラーをしたら絶対に傷むんです。でもこれをナチュラルコスモさんを使っていただいていたら、次に来られるときに髪の毛がきれいになっているんです。

正直もんじゃないですけど、嘘をつきたくないっていうのがある。

 

だから、嘘をつかずに仕事ができるアイテムがある。

それって、美容師としてすごーく嬉しいですよ。

 

ナチュラルコスモ以前にも、そんなアイテムはあるって思っていた。それなら嘘をつかなくていいと思っていた。

 

ヨーロッパ一のものだと聞いていたから。

講習も行ったんですね。

でも痒くなっていたんです。

 

何も悪いもの入っていないはずだけど、実は入っているんじゃないかって疑ってしまっていたんです。

 

ナチュラルコスモはカラーしても、退色しない。

温泉行ったりとか、仕事で遠くに行く時、持っていきたいと思っていたシャンプーなんてなかった。美容師なのに。

シャンプーで癒されるとかそういう思いなんて全く無かった。

でもナチュラルコスモは、旅先のちっちゃいバスルームでも、すごい癒やしを感じられるんです。

 

それと、ナチュラルコスモのヘアケアアイテムのおかげで、今までは可能じゃなかった髪型も作れるようになったんです。ケミカルでも無理だった。オーガニックでできるわけなんかないって思っていたのに、根元の立ち上がり感も毛先のまとまりもがすごいから、ご提案できる髪型が増えたんです。

 

拓也:

わかります!私もくせ毛で髪が太いからヘルメットのようになってしまっていたんです。だからずっと自分で坊主にしてたんですよ。でもみだれ髪を使いだしてから、髪が柔らかくなったような気がして。それでこれなら大丈夫じゃないのか?と思って伸ばしてみたら、髪がセットしやすくなっていて!それで伸ばしだしたんです。シャンプー売っているのに坊主っていうのも嫌でしたし。

 

ふたり:

あはははは

 

拓也:

さて、もうそろそろ電車もあるので終わりにしましょうか。ありがとうございました!

 

 

 

あとがき

最初にご連絡を頂いた当初は、本格的に取り扱ってくださっているヘアサロンはありませんでした。でも今では中島さんの中学2年生の息子さんに、自家製ブルーベリージャムのトーストを作っていただくような関係にまでなっているんです。インタビューが長引いて18:00を過ぎてもインタビューをしているナチュラルコスモの拓也さん。きっとお腹がすいているんじゃないだろうか?と作ってくださっそう。省さんがトーストを私に手渡しながら、恵美さんがポロッと言われた言葉があるのです。

 

「息子にとってもナチュラルコスモさんって、とっても特別なんです」

 

もうこの言葉にぐさっと来ましたよ。

なんだかね、もうポロッときちゃうじゃないですか。

 

ナチュラルコスモは家族経営です。父親が家族と自分のために始めたコロイドミネラルとブルーグリーンアルジーの健康食品が始まりです。だから、健康の相談は今もたくさん受けますし、家族ぐるみでお客様とお付き合いすることもあります。本当に幸せなことです。でも、サロンさんでは本当に初めてだったんです。なんでこんな関係になれたのだろう?とちょっと考えたのですが、コレットさんからいただく注文書がきっかけなんじゃないかな?と思うのです。

 

というのも、ナチュラルコスモの注文書には、それはそれは小さな備考欄が設けてあるのですが、そこにびっしりとコメントを下さるのです。それも毎回!そして今でも!それも最初の月には毎週くださっていました!それも、全てがナチュラルコスモへのラブレター!更にはほぼ毎週お電話でも、どれだけナチュラルコスモのことが好きなのかをお話してくださるのです。

 

「シャンプーだけで根元が本当に立ち上がるんです」

「パッケージが本当にかわいい」

「ヘアデザートスパでパックをさせていただいたら、お客様の表情まで明るくなるんです。」

「アヤメさんが本当にかわいい」

「社長様にご丁寧にご説明いただいてありがとうございます」

「手に取った瞬間、きゃーーーーーーーーー!なにこれーっていう感じで」

「息子が本当に気に入ってるんです」

 

手紙なら、丸い可愛らしい文字。電話でも、おっとりとしたかわいい喋り方で、

こちらが照れてしまうような言葉をくださるのです。

 

それがどれだけ嬉しかったか。ヘアサロンさんとのおつきあいが、こんなにも楽しいものなのかと教えてくださったのが中島ご夫妻です。

 

話が少し戻りますが、息子さんは食べるものと食べないものがすごくはっきりしていらっしゃるそう。好き嫌いではないのです。最初はなぜ匂いを嗅いだだけで、ここのうどんは食べるのに、あそこのうどんは食べないの?ってことがわからなかったらしいのですが、天然だしのうどん屋さんでなら食べるってことに気が付かれたらしいのです。

 

「ナチュラルコスモの食品のブルーグリーンアルジーのパウダー(デイリーパウダーのこと)は、毎朝息子が作るんです。それでお母さん飲みやって。それも、これは本物だなって思った理由のひとつです」

 

そんな中島家族がやっていらっしゃる、コレットさんとの対談でした!

お問合わせ:ナチュラルコスモ by 株式会社三上・大阪府堺市堺区四条通6-10

TEL: 072-224-0210

送信中 / Submitting Form...

エラーが起こりました / The server encountered an error.

送信しました / Form received.

Required

Copyright © 2015 株式会社三上